2014年10月5日 東京観光専門学校戦

123456
東京観光専門学校 000011 2
SCOTTIES 10003× 4

一回戦を無事突破して第二試合。
学生のチームと言うことで女の子の声援も多くて華やかな試合でした。

…最初は。

華やか過ぎる女子学生の声援に負けないように、突如としてティッシュのベンチからふ◎っしー某ゆるキャラもかくやと言う奇声が…

主犯・佐野

犯人・佐野

 

おかげで黄色い歓声に占拠されていた相手ベンチが水を打ったように静まり返っていました。
(おかげで投球に集中できましたw)

さて、そんなこんなで始まった二回戦、まずはいつも通りスターティングラインナップから御紹介!!

  1.  二 小川司
  2.  一 川内
  3.  捕 北川
  4.  遊 佃
  5.  指 守屋嘉
  6.  中 和田
  7.  三 小野澤(ゲスト)
  8.  投 小川晃
  9.  指 佐野
  10.  左 松倉
  11.  右 飯→林(五回代打)

投手リレー
小川晃(4回)→北川(2回)

四番までは変更なし。
五番以降は調子が上げ目の順番って感じで組んでみました。

前回も書いてるけど、このワンデーはピッチャーだけでなく、キャッチャーのマネジメントも重要。…三試合座りっぱなしってできる? 俺は絶対無理だけどw

と言うことで、先発を前の試合リリーフで投げた小川晃にし、いけるだけ引っ張る。
キャッチャーは一試合目先発した川内を休ませて、北川登板時に備えるカタチになってます。

川内

北川登板時に備えて一塁起用の川内

 

粘投!! 投手陣!!

もう完全に手前味噌なんだけど自慢させてください!!
先発した小川晃(筆者)、おそらくこれまでの投手人生で最高の投球をしました!!

試合自体はジリジリした投手戦に途中までなっていたので、我慢我慢の投球。
北川はホントにこの投手をよくリードしてくれたと思うし、バックはホントにミスなく完璧に守ってくれました!!

先発・小川晃

役は果たした!! か? しかし重そうな身体w

 

後を受けた北川は、バック(主に筆者)に足を引っ張られるものの、しっかり逃げ切りゲームセット!

接戦を制すのはヤッパリ失点を計算できる投手陣と、期待に応えてくれる守備陣のどちらも必要だと思いました!!

イニング間

イニング間ミーティング。接戦だけに真剣。

 

↑表情を見てもらうと判るとおり、この大会北川はホント大車輪でした。北川なしに投手捕手のマネジメントは成立しなかったよね!!

ヒーローは遅れてやってくる!? 最後に試合を決めた打撃陣!!

先にこの試合打撃のヒーローを御紹介しましょう!!
彼です!!

ヒーロー林

代打勝ち越し適時打の林!!

 

前のエントリーを読んでる人、全員うちなのに何故代打? しかも前の試合出てない…?
と不思議に思っているでしょう。

仕方が無いのです。
やむにやまれぬ理由があり、ヒーロー林はこの試合の三回にグラウンドに到着したばかりだったのです!!

しかし、佐野、松倉の連続四死球で作ったチャンスに切り札として代打投入!!
期待に応えて見事勝ち越しのタイムリーを放ってくれました!!

本塁突入

勝ち越しのホームに滑り込む佐野

 

その後も小川司、北川のヒットで2点を加え、一気に試合を決めたのでした!!

総評

大会の中でもっともヘビーな試合でした。
序盤はジリジリと投手戦で、点を加えた後はミスが出て追い上げられて。
それだけに勝ちきった時は達成感がありました。

…もう一試合あると考えたら少しぐったりしましたがw

礼!!

逃げ切ってゲームセット!

 

※編集後記

逃げ切った…

そんな試合でした。
対戦相手の東京観光専門学校の選手は人数がウチの倍近くいて、若さと体力に溢れている感じでした。

なにせこの試合が終了した後、空いてるグラウンドで決勝戦が終わるまでずっと練習やミニゲームやってたくらいですから。
すごかったです。

コメントを残す