2014年9月20日 サムディ戦

12345678
サムディ 00000340 7
SCOTTIES 30001001 5

ハイ、ガンバロウ野球大会コンヒデレーションズカップを敗戦で終え、次の大会であるガンバロウ野球大会ワンデートーナメントに向け、練習試合を行いました。
目的としては最大一日三試合にも及ぶワンデートーナメント対策として、いつもとは違うポディションでの試合、投手力強化、新たな投手発掘を主眼に試合を行ってみました。
まずはスターティングラインナップから!

  1.  中 畠中
  2.  三 和田
  3.  捕 小川司
  4.  遊 佃
  5.  一 松倉
  6.  投 小川晃
  7.  左 岩崎
  8.  指 海里
  9.  右 佐野
  10.  二 林

投手リレー
小川晃(3回)→和田(2回)→海里(1/3回)→小川司(2/3回)→小川晃(1と3/3回)

いつもは外野手の和田が久しぶりのサード! そしてやはり外野手の松倉がこれまたなんとファースト! 小川司が捕手で初出場! 投手には今シーズン徐々に登板の増えてきた和田、7年ぶりの登板海里、そろそろ独り立ちして欲しい小川司! 投手力強化と新投手発掘のため全員突っ込んでみました!!

明暗くっきり? 投手陣

まずは投手成績を横並べてみます。
小川晃  3回無失点 四死球1 被安打3 奪三振2
和田   2回無失点  四死球1 被安打1 奪三振4
海里  1/3回2失点  四死球5 被安打1 奪三振0 (自責点2)
小川司 2/3回2失点 四死球4 被安打0 奪三振1(自責点4)
小川晃 1と3/3回3失点 四死球1 被安打2 奪三振0(自責点0)先発投手・小川晃
↑この日先発した小川晃(筆者)

小川晃が二回出てくるのは7回ノーアウトでリリーフしたからです。
もう見てこの試合の明暗がはっきり分かれているのがわかると思います。
そして失点を招いているのは被安打ではなく、やはり四死球だということもはっきりわかると思います。
なにせ小川晃はイニング数と同じだけヒット打たれてるのに自責はゼロですから。

注目すべきは前回に引き続き今回も好投した和田!!
7イニング換算の奪三振率11.6! これは今シーズンのエース北川の奪三振率8.4を大きく上回る数字。イニング数が少ないと言うことを差し引いても、この数字は驚異的。2イニングほどのリリーフなら今後も問題なくこなしてくれるのではないかと期待を持たせてくれる投球でした。今後も活躍が期待される和田

↑打って守って走って、今後は投げてと大車輪の和田

対して、海里は最近投げる球がすごく良かった、と言うのと、数人から推薦があったので登板してもらったのですが、唐突過ぎて全く準備できてなかったよね。当日指揮を取ってた筆者の責任大です。時期と機会を見てまた投げてもらいたい。

小川司は海里からバトンを受けた瞬間の火消しは完璧だったけど、その先が全くストライクが入っていなかった。フォームの崩れが一番の原因だと思うので、来シーズンまでにしっかりフォームを修正、固めて欲しいと思います!!

 意外と無難? 異例な守備陣

内野に普段守らない守備位置のプレイヤーが3人もいたのですが、それぞれの守備機会をかなり無難にこなしてくれたと思います。
和田のサードは何度かあったから、計算がある程度立ったし、ティッシュではないけれど、小川司のキャッチャーも実は筆者は見ているので、あまり違和感なく出来たのですが、何より驚いたのは松倉のファースト。
身体張って、かなり無難にこなしてくれました。
あんなに軽快なフットワークが出るとは…
今後もヒト繰りによっては十分計算が立つと思いました!

メリハリ、と言うか、追加点が取れない…

初回の集中攻撃は完璧!
草野球は早々チャンスが来るわけではないので、チャンスとあればしっかり攻めきることが大事だと思います!

が…
その後はしぼんじゃったね。打者一巡丸々凡退続き。
こういうときは流れをもっていかれやすいタイミングだと思う。
先制を良いカタチでとったからこそ、気を入れなおして追加点を積極的に狙うべきだったし、流れを渡さないための工夫をするべきだったよね。
逆転されたからでは、どうしてもひっくり返すのは大変だから…ね。

総括すると!

この試合の時期からすれば、ワンデートーナメントに向けて収穫のあった試合だったと思います。
そして来シーズンに向けて、リーグ戦に向けて大きな収穫のあった試合だったと思います。
が、一方で課題も残った試合だったと思います。
攻めの時の気の入れ方、指示の徹底、投手陣の再整備。
見通しの立ったところは継続して、課題は一つずつ潰していきましょう!!

※編集後記
実は記事書くまで勝ちゲームだったと思ってました。
正直それだけ直純のピッチングは衝撃だったし、捕ってて打たれる気がしなかった。
来年のリーグ戦ではいろんなポディションをいろんなヒトがやるから、どんどんみんなで活躍の場を広げられるといいと思います!!

コメントを残す