2014年9月13日 TAKANARIES戦

123456
TAKANARIES 732001 13
SCOTTIES 200104 7

二ヶ月も放置してなにやってるんだと言う突っ込みは聞かなかったことにしたいと思います。
御無沙汰してます。小川(兄)です。
前回更新しようとしたら書きあがった原稿が消えてすっかり意気消沈。ヤル気も消沈してました。
次の試合も控えてるので、いい加減更新やります!!

まずは9月に行われたガンバロウ野球大会二回戦!
対戦相手は以前同じ大会で対戦経験があったTAKANARIES!

その時の対戦結果はティッシュの勝利だったのですが…

とにかく、まずはスターティングラインナップから!

  1.  三 小川司
  2.  中 助っ人
  3.  投 北川
  4.  遊 佃
  5.  左 松倉
  6.  捕 守屋嘉
  7.  一 小川晃
  8.  二 林
  9.  指 海里
  10.  右 岩崎

オーダーはワリとよくあるパターン、だと思うのですが…

失点!!

立ち上がりこそ悪くなかった北川。
やっぱり失点は守備のエラーから。
ショートごろでチェンジのはずがエラーでランナーが残り、そこから連打が絡んで初回に7失点。
ここで正直殆ど試合の流れは決していたのかも…

得点!!

相手の投手、かなり良い投手だったけど、佃のHR、4回の連打と、決して手も足も出なかった感じではなかったかと。
最終回にはエースで無かったとは言え、三本のHR固めるなんて攻撃も出来てたし、一方的に殴られた試合ではなかったのかな。

総括すると!!

どこかで流れを止める動きをするべきだったよね。
10対10を1回やるなら勝負はわからないけど、1対10は何回やっても勝てないって。
投げてる投手を一人にしちゃったのは野手の責任。
一人になったのは投手の責任。
それぞれが役割を全うしないまま試合が進んじゃって、スタートの時点で埋められない差が開いちゃってた。
今シーズンの試合は残り少ないけど、しっかり反省して、来シーズンに生かしていこう!!

※編集後記
時間がだいぶ空いてるからやっぱり簡素な記事ですが、正直この試合ほど悔しい試合は久しくありませんでした。
なんかやってることがみんなから回っていく感じがして、流れを変えられない自分が無力に感じました(つーか悪い流れ作ったの俺…)。
何よりオーダーの時点で少ししくじったところもあったりして、そこも反省。
今後は話し合って打順決めないと、どういう意図でオーダー組んでるのかが伝わらないと感じました。
初めてカメラを回した試合だったんだけど、今回の映像はちょっと使えなさそうなので、映像はしばらく繰り返し試します!!