2014年5月31日 ファイティングビーバーズ戦

12345
SCOTTIES 41533 16
ファイティングビーバーズ 00150 6

ギリギリで対戦が確定したファイティングビーバーズ戦。
今期これが練習試合二試合目!
試合の内容をお伝えしたいと思います!!
まずはオーダーから

  1. 一 北川
  2. 中 和田
  3. 捕 伊芸
  4. 遊 小川司
  5. 三 佃
  6. 二 林
  7. 投 小川晃
  8. 左 松倉

投手リレー
小川晃〈2回〉→和田〈1回〉→小川司〈1回〉→北川〈1回〉
人数がそろわなかったので、守備の際右翼手を借りての試合となりました。〈対戦相手のファイティングビーバーズの皆さんには本当に感謝!!〉

収穫と課題のあった守備

6月7日に予定されているガンバロウ野球大会フレンドリーカップ〈通称ワンデートーナメント〉に向けて、普段投げていない投手も使っていこう、と言う意図もあったこの試合。
なにせワンデートーナメントは勝ち進むことが出来れば一日最大3試合!!
とてもじゃないけどエース・北川だけでは持ちません!!
と言うことで、先発を筆者の小川晃、和田、小川司で繋ぎ、北川で締めるリレーとしました。
和田は1点こそ奪われたものの、本日急遽決まったリリーフでもそれなりに投げてくれたのではないでしょうか。今後練習試合で経験をつんでもらってもよいのでは??
小川司は制球に苦しんだものの、安打での失点が多かったことを考えればゾーンには来ていたのかも知れない。こちらも要経験、でしょうか。
とにかく北川以外が投げる時にしっかり一試合を作る、と言うことを意識しながら今後の試合を行う必要があるのでは?!

とにかくよく打った打撃陣

2桁安打16得点!!
打撃陣が不振だった春季大会の鬱憤を晴らすかのような打撃でした。
特筆すべきはなんと本日6打点の佃!
みんなよく打ったけど、今日の佃はバットを振れば打点がついてくるんじゃないかと思うくらい振れてました。
どんな相手でも同じように打つって言うのは無理だけれども、今日はチーム全体としてバットが良く振れてたと思います。
積極的に振りに行くことで、相手守備陣や投手にもプレッシャーをかけることが出来ると思うので、今後の試合でもしっかり振って行きたいね!!〈勿論、選ぶべき時っていうのもあると思うけど・・・ね〉

総括すると

打撃はほんとに良く点が取れた試合でした。
選ぶことでバッテリーにプレッシャーを与えることも出来るけど、振ることでバッテリーだけでなく守備にもプレッシャーをかけることが出来るんじゃないかな、と考えさせられました。
ホントに基本なんだけど、ボール球をしっかり見送る、ストライクを積極的に振っていく。
難しいことだけど、これがキッチリできると得点力はきっとぐっと上がるんだと思います。
まずはしっかりバットを振る。
打席の中でハンパなスイングはしない。
これは今後も意識していくといいのかな。
投手陣は今後大事なところでも投げられるように全体的なレベルアップが必要かもしれない。
勝ち上がればダブルヘッダーは必ず入ってくるから、誰もが投げられるような体制を今後整えていくべきだと思います。
特に今日投げた人で一試合、欲を言えば二人で一試合が回せるようになればチームとしての選択肢が広がると思います。
そうなると、投手が動く分他の人は今までからすると経験の浅いポディションを守ることが出来てくると思うので、各自自分が守る可能性のあるポディションの動きはそれなりに頭に入れておくべきかもしれないですね。
ともあれ、ナイスゲーム!!

*編集後記

個人的な感想を先ず一つ。
大学時代の友人に数年ぶりに再会できてホントに嬉しかった。
友人の昔と変わらない感じにホントに癒された。
・・・大学時代よりも遥に野球上手くなってたけど。〈井出ちゃんナイスバッティングでした!〉
そんなこんなで来週はガンバロウ野球大会フレンドリーカップに出場です。
今日の試合内容も踏まえて、優勝目指してガンバロウ!!

コメントを残す