2011年9月10日 ナイトホークス戦

1234567
ナイトホークス 2000101 4
SCOTTIES 0010000 1

久しぶりに気温が30度を上回ったこの日。
以前対戦経験のあるナイトホークスさんとダブルヘッダーでのOP戦を行いました。
まずは第1試合の結果速報から。

SCOTTIESラインナップは以下の通り。

  1. 中 和田
  2. 右 北川
  3. 三 佃
  4. 左 川内
  5. 投 西塚
  6. 一 小川(晃)
  7. 二 飯
  8. 捕 守屋(嘉)
  9. 遊 小川(司)

西塚を先発にしたことでいつもとだいぶ違う布陣になってますね。
普段1番打者を務める西塚をクリンナップの5番に据えて、今シーズン好調の和田を1番に。
普段4番の守屋を8番・捕手で起用。捕手の小川(晃)を6番に上げて一塁手
4番には三振の最も少ない川内。今回がスタメン復帰となる小川(司)はラストバッターに。
普段先発投手の北川は2番に。
起用法を悩んだ時の選択肢を多くする、という目的もあったから、かなりいろいろ試してます。

さて、試合のほうは初回に先制を許す苦しい展開。
先頭を三振できるも、守屋後逸の間に振り逃げが成立。ここから2点を許してしまいました。
ミスが出ると失点につながる、典型的なパターンです。

追いかけるSCOTTIES

3回はこの日8番に入っている守屋から。
痛烈な当たりが右中間を破ってツーベース。
これを起点に和田の内野ゴロFCの間に1点を返す。
和田はこれで2試合連続の打点。今シーズンの直純はホントいいとこで回ってくるよねー。
”ランナーいたら打つから”発言が出ちゃうのも納得ですw

西塚も2回以降は立て直し、6回3失点と及第点。
今シーズンでは一番いい投球だったかもしれない。
次の試合につながる投球をしてくれました。

7回は北川が当番。
・・・だったんだけど、先頭にツーベースを許すと、シート変更で一塁に入った佃のエラーで1失点。
最後に駄目押されてしまいました。
SCOTTIESも何とか反撃を、と先頭の小川(晃)が中堅に安打を放つも、後続が飛球、併殺打でゲームセット。

ナイトホークスさんの本格派・先発投手に途中まで力で押し切られ、後を継いだ技巧派投手に打ち気を逸らされ、逃げ切られる展開となりました。
試合後に直純も言ってたけど、”上で勝つにはこういう投手たちからキッチリ点を取らないと”って感じの試合でしたね。
あと重要なポイントだったのは状況判断。
行くか行かないのか、見るのか積極的に行くのか。自身でキッチリやらないとね。

 

敗戦投手
西塚

長打
守屋(二塁打)

打点
和田

盗塁
小川(司)、和田

コメントを残す

2011年9月10日 ナイトホークス戦” への1件のコメント