2011年9月10日 ナイトホークス戦

1234567
SCOTTIES 4201101 9
ナイトホークス 0200000 2

いつもは勝てないダブルヘッダー2回戦。
今日は第1試合も負けちゃったからかなりピンチです。

先発投手に守屋を据えての第2試合。スターティングラインナップは以下の通り。

  1. 遊 西塚
  2. 二 小川(司)
  3. 三 佃
  4. 捕 北川
  5. 中 和田
  6. 左 川内
  7. 一 小川(晃)
  8. 投 守屋
  9. 二 飯

1,2番に司コンビが戻ったのはいつも通り。ただキャッチャーに左利きのエース・北川を登用するとか結構初体験な要素を取り込みました。

試合は初回。
2番に復帰した小川(司)が中越三塁打を放つと、佃が一塁強襲で早々と先制。
北川、和田、川内と繋ぎ、一挙四点をもぎ取る。

久々に打線が繋がった感がある攻撃だったかと。

2回にも1死後の西塚2塁打、小川(司)中越走本と繋ぎ2点を追加。
1試合目とは打って変わって試合を優位に進める。

先発した守屋は2回にエラーが絡み2点を奪われるも、3回5奪三振。
力のある投球でした。

4回、またも1死後から西塚が3塁打でチャンスを演出すると、3番佃が3塁強襲安打で加点。
5回には小川(晃)の適時3塁打で1点、7回に西塚の適時打で1点を加えるなど、この試合合計9点を奪った。

5点のリードを貰い、4回、先発・守屋から小川(晃)がバトンを引き継ぐ。
小川(晃)は予定の3回を被安打1、奪三振3、無失点と予想外の出来を見せた。
最終回に登板した和田も切れ味鋭いスライダーを武器に1イニングをエラーで許したランナー1人のみとほぼ完璧なリリーフを見せた。

総評としては普段投げない投手でもある程度投げられることがわかったと言う意味で大きな勝ち星だったかと。他にもエンドランをキッチリ決められたのは収穫。
ただ、二試合通じて反省点も多かった一日でした。
各自ミーティング内容を反芻しておいてください!!

勝ち投手
小川(晃)

長打
西塚(2,3) 小川(司)(3,本) 川内(2) 小川(晃)(3)

打点
西塚(1) 小川(司)(2) 佃(2) 川内(3) 小川(晃)(1)

盗塁
西塚 佃(2) 川内

 

コメントを残す

2011年9月10日 ナイトホークス戦” への1件のコメント