草野球ってどこが面白いところなの?(3)

例年より気温は低かったのに・・・
大汗を掻いていました。

ども。

あきらです。

昨日宣言したとおり、今日は午前中無理言ってお休みいただいて、病院にいってきました。

レントゲンとって確認しましたが、やっぱりⅡ度までは至ってなかったです。
Ⅰ度の中では重症、みたいなレベルです。
2、3日で痛みがひくそうなので、しばらくおとなしくして、試合に備えたいと思います。

閑話休題

さて

前々回から続けてきた考察も第3回となりました。

前回で野球の側面についての比較は出来ました。
何かがあるのが面白いこれまでの野球。
逆に何もないのが面白い草野球。

じゃあ

それ以外の面白さって何??

と言うわけで今回のテーマは草野球の、野球以外の面白さです。

草野球は前回も話したとおり、大会だけじゃなく、それ以外に試合をすることもまた面白いわけです。

じゃあその試合ってどうやってマッチングするのか?

方法は主に2つです。
1.知り合いのチームや、過去に対戦したチームに再戦を申し込む、若しくはそのまた知り合い  のチームを紹介してもらう
2.インターネットの掲示板などで試合相手を募る

どちらにしても、昔小説に書かれていたように居酒屋や町内会の掲示板に張って、と言うような方法ではもうなくなっているわけですね。

さて
そうやって不特定多数の中から試合を組もうとするとどういうことが起こるのか。

対戦相手がどんな人かわからないんですね。
そう、社長もいれば、消防士もいるし、学生もいる。

人脈が広がるんです。
そしていろんな人の価値観を聞くことができる。
これもまた面白い。

しかも

チームごとに野球感が違うわけだから、野球についても全然違う感性でやってる。
そこで自分のチームだけではないカラーが見える。

草野球のもう一つの面白さ。
それは人との繋がりにある、と俺は考えます。
普段は話せない様な立場の人と繋がって、野球も、それ以外も、価値観や感性をぶつけ合える。
それって草野球じゃないと味わえないことだと思うんだよね。

だから草野球は面白い!

さて
3回にわたって続けてきた「草野球ってどこが面白いところなの?」ですが、今回で終了となります。
正直この連載で書いた内容は、完全に僕の主観です。
草野球の楽しみ方は人それぞれだと思うし、もしかしなくたってSCOTTIESの中でも違う楽しみ方をしている人だっているでしょう。
それはそれでいいと思うし、それぞれの正解だとも思う訳です。
要するに
草野球って面白いじゃん!
個人の楽しみ方でいいだろ!
と言うことです。
みんな、野球しようぜ!! 

さてさて
連載は終了ですが、まだ今週は残っているので、あと何回かお付き合いを。
何か違う話をまた考えたいと思います。

それではまた次回!!

コメントを残す

草野球ってどこが面白いところなの?(3)” への2件のコメント

  1. 毎日更新おつ。
    なるほどねーて感じで読んでます。

    日記と関係無いんだが、監督兼正捕手ってなんか子供っぽくて訪問者が見たときに恥ずかしいから、普通に監督兼捕手に修正しません??笑